スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクアと園芸の境界

ここ最近興味を持ち始めた園芸ですが、いろいろかぶる部分があるなーとつくづく思います。

img.jpg

アクアの延長で苔玉があったり、観葉植物や盆栽本に苔玉の作り方が載っていたり。
園芸で冬を乗り切るために温室に水槽+ヒーターで湿度を上げたり、メタハラで室内睡蓮とか初めて知って驚きです。用具もいろいろかぶっているんですね~。いつか使い回せそうでお得!(´∀`)
テラリウムは両者の中間なイメージですが、水草や苔の管理に重きを置くと園芸寄りに、生体を入れたら生体により良い環境を与えたくなってしまい生体主体な管理方法になるとアクア寄りになっちゃいそうです。

この中には自分のイメージではビオは入らない気がします。
ビオはどちら寄りでもなく、植物と水生生物との調和を楽しむような。

いろいろ調べていたらビオトープ管理士という資格もあるんですね。
こんな資格を持っていたり勉強をしたりしていれば、上で書いた自分の適当なイメージが明確に定義できそうな気がします。
でもこれは難しそうな上にいろいろと敷居が高いので、更に調べてみると生物分類技能検定という面白そうな代物が。

 「生物分類技能検定」は、野生生物に関心のある人々を対象に、正しい分類の知識の向上を図り、調査や保全を担う明日の人材を育てるとともに、動物分類学や植物分類学の発展に寄与しようとするものです。



生物に興味があるので知識として勉強してみたい感じです。
過去の問題例なんて見たらとても面白そうだし、趣味に役立ちそうです。
試験を受けるのは面倒ですが(^^;問題集を取り寄せてみたい気持ちにさせられます。
春が来るまでこれで勉強してみようかな~(´∀`)

スポンサーサイト

コメント

 
アクアから園芸、園芸からアクアと興味の幅を広げる人はけっこういますよね。
もちろん私もその一人です(^o^)v
なんか通じる所があるんですよね。
ただ「アクアから園芸」という感じで移ってきた私は、園芸の人がテラリウムやビオトープ、そして水草にもっともっとハマッてくれればといつも思ってしまいます。
植物に詳しい方や園芸店の店員さんでも水草となるとハイグロ、クリプトすら知らない人が多いですからね。
園芸の知識をもっとアクアに垂れ流して欲しい!!と思っている所ですよ。
園芸メインの方は水草にはあまり興味をもたれないんですね。水耕栽培とかからでも水草にはたどりつかなさそうなイメージです(^^;
園芸の知識があったら水草栽培にも役立ちそうですね!

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © びおグラ! All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。