スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガジュマル

先日購入してきたガジュマル、葉が落ちることもなく今のところとても元気です。

090112_c006.jpg


ガジュマルの育て方

●日当り・置き場所
 日光を好む植物です。春~秋は戸外やベランダのよく日の当たる場所に置いてがっしりした丈夫な株にしましょう。日当たりが悪いと枝が間延びして葉色、ツヤが悪くなります。ただし、斑入りの品種はやや強光線に弱いので真夏は直射日光を避けて明るい日陰などで育てた方が無難でしょう(日照不足にも弱いのでそれ以外の季節はよく日に当てましょう)。
 冬の耐寒温度は5℃~6℃です。秋頃には室内に取り込んで、よく日の当たる場所で育てましょう。5℃以下の低温にさらすと落葉してしまいます。落葉してもある程度気温を確保して空気中の湿度を高く保つと新芽がでてきて復活することもあります。
●水やり・肥料
 乾燥を嫌い、多湿気味の環境を好みます。特に春~秋は生育が旺盛で、その分水をたくさん必要とします。土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えましょう。同時に空気中の湿度を上げるために霧吹きなどで葉にもたっぷりと水をかけます。水切れを起こすと下の方の葉っぱが枯れてきます。気温が低下してくると生育も鈍り、根もそれほど水を必要としませんので水やりの回数を減らして、やや乾かし気味に管理します。
 肥料は春~秋の生育期間中、2ヶ月に1回ゆっくり効くタイプの化成肥料や観葉植物用の錠剤タイプの肥料などを与えます。肥料はたくさん与えると枝葉が伸びすぎて乱れてしまうので、さほどたくさん必要ありません。また、冬は根を傷めてしまうので肥料は与えません。
●用土
 水はけと水もちのよい土が適しています。
 赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜた土を使います。市販の観葉植物用の土を使ってもよいでしょう。



冬期の水の与え方は控えめに、というだけで詳細に書かれていなかったので、とりあえず湿度を好むということなので朝晩葉水を与えています。
日当りのよい窓際は帰宅するころには夜間で10度をきってしまい、室内なら10~15度はあるのでカーテン越しの太陽は当てずに熱帯魚の水槽の側でカノーバ25wの木漏れ日を当ててます。
自分が休日いるときでないとひなたぼっこさせられない予感(ノ∀`*)

ガジュマルはオカヤドカリの水槽にハイドロ+水耕栽培でおやつ(葉)として配置されることもあるらしいです。
オカヤドカリの写真を見ると愛らしさに飼いたくなってしまいますが、大事に育てたガジュマルを食べられたりハサミで丸坊主にされたりはイヤかも…(^^;
やるとしたらトリミング後の枝とかだな!

オカヤドカリとガジュマルについても調べてみると、園芸店などでは農薬を散布しているので1ヶ月は自宅で栽培したのちに与えないとまずいとのこと。確かにあれだけの植物があったら、農薬なしでは虫だらけになるんでしょうね。

参考
>>オカヤドカリとは
>>ガジュマル
スポンサーサイト

コメント

 
どんどん園芸に足を踏み入れてますね。
最近の勢い、すごいです……
ヤドカリは子供の頃の罪滅ぼしをしたいデス。
そうそう、園芸の世界ってアクアに比べて薬品をけっこう気軽というか簡単に多用している事があるんですよね。
水槽の中に比べて「害虫などが多い」という事もあるのでしょうが、予防で「1ヶ月に1度は薬を散布」と聞くとちょっと後込みしてしまいます。
えぇっちょっとドン引きしてませんかーΣ(´Д`lll)引かないでー!!
今が一番面白いときなんです(;´Д`)
ヤドカリ是非飼育してください!萌えにいきます!!
生体に比べて薬は気軽に使えそうな気もしますがあまりいいことではないですよね(^^;
予防でもう使っちゃうんですか~。
できるだけ農薬を使わないでどこまでやれるかとか試してみたいです。
あぁぁぁぁ・・・
どんどん 園芸が進んでますね・・・

ガジュマル・・・何か 昔の忍者の名前っぽくて。。。らん太郎に出てきそう・・・・

正直 こちらは 何も手付かずで、泣けてきましたよ・・・
園芸街道に走ってます。
春になったらビオるつもりですよ!
がじゅ丸?まんまやないかい!でも使わせてもらいます(^^;
お忙しいんでしょうか?でもひそかにじわじわ水面下で進めていそうですね。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © びおグラ! All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。