スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月のビオ

寒い中シュロガヤツリを購入し、枯れていかないかなーとちょっと心配していましたが今のところとても元気なようです。

081130_B001.jpg

こんな写真しか撮れないのは背が高すぎて鉢を入れた全体像がカメラに収まらないからです(´・ω・`)
全体像の撮影はお隣のベランダとの仕切りを破壊して侵入しないと無理!

081130_B002.jpg

シュロガヤツリ(Cyperus alternifolius L.)
マダガスカル原産。
単子葉植物カヤツリグサ科カヤツリグサ属の植物である。
多年生草本で、背丈が1m程度、時にそれを越える大型の植物である。
水辺や湿地に生える多年草で、7~10月頃に頂上付近に穂を付ける。
冬場は一度枯れたようになるが、寒さに強く屋外で越冬する。
暖地では常緑となることもある。



>背丈が1m程度、時にそれを越える大型の植物である。

ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

まぁこんな鉢でそんなに大きくならないだろ…jk

かなり育成は容易な種のようです。
寒さに強いとは頼もしいです。
お隣のナガバオモダカはもうすっかり枯れちゃっていますが、シュロガヤツリの説明みたいに春になったら復活するよね…?(^^;


枯れ葉もちゃんと沈みました。
メダカの隠れ家として機能してるといいな。
081130_B003.jpg
スポンサーサイト

コメント

 
こんにちは。実は……
コシュロガヤツリっていう高さが20~40cmくらいのがあるんですよ。フヒヒ
ああ…それシュロガヤツリをググってたときに見ました!ショック(´Д⊂
植物専門店ならあったのかもしれませんね~。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © びおグラ! All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。