スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテイアオイ

ホテイアオイについて軽く調べてみました。

◆学名 Eichhornia crassipes
◆和名 ホテイアオイ
◆英名 Common Water Hyacinth
◆原産 南アメリカ

◆花の咲く時期は7~10月
まだ期待は持てそうです。
◆肥料は与えると巨大化し、爆発的に増殖する恐れがありますので基本的に与えません。
…増殖はわかりますが、巨大化てΣ(´Д`lll)
鉢いっぱいに広がったりベランダを占領するほどだと怖いな。まぁニュースなどで「ホテイアオイ巨大化!」という話は見たことないので大丈夫でしょうが、肥料は与えないと思います。
そういえばチャームさんから来たのは全部既にデカいような気もします。
◆咲き終わると花茎は曲がって先端を水中につっこむ形となり、果実は水中で成長する。
熟した果実は水中で裂開し、水中に種子をばら撒く。種子から発芽した実生は最初から浮き草状の生活型をとるのではなく、浅い水中や水辺の泥の上で土中に根を下ろして成長し、株が大きくなると葉柄に浮袋を生じて水面に生活の場を広げていく。

この前咲いた花、腐ると思って切って捨てたウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!
種はできにくいらしいのでまぁいいか…

世界の外来侵入種ワースト100に入っているんですね。嫌われすぎだ。


日当りがいいこととある程度の水深もあった方がいいようです。
開花するための条件みたいのは今回見つからなかったです。
また気がむいたら検索してみようと思います。


越冬させてみたいので、今のうちに土に植えてみようかな~。
デカい植木鉢がいるな…(;´Д`)



参照
>>ホテイアオイの育て方
>> ホテイアオイ  Eichhornia crassipes (Mart.) Solms-Laub.

↓ホテイの葉の隙間から見えたメダカ
080825_b001.jpg





スポンサーサイト

コメント

 
びおグラ!発見!!(遅ッ)
こちらのブログも楽しいですね(〃^∇^)
ホテイアオイ、夏場はかなり成長しますよね。
実家のやつらがものすごいことになってます。
花が咲いてはすぐ終わり、また違うところから花が咲き、、、の繰り返し。
葉は大きくなりすぎてもう歩き出しそうなくらい(笑)
どの水草もこんな風に成長してくれるとうれしいんですけどね(;´▽`)ゞ
そういえばウチは水深がほとんど無い場所で栽培して開花しませんでした。
水深と開花の関係も面白そうですね。
全然気が付きませんでした。
( ̄□ ̄;
花が咲いたら捨ててくださいって言ったのは私です!
でも 水が腐るから捨てるって本に書いてたんだもん!w
私も調べると 種はできるらしいですね
でも だいたい 株で増やしてるのと
中にはなんとか冬越しして 春に増えだすこともあるらしいですね・・・・
おそるべし「青い悪魔」ですね(^^;
こちらへもコメントありがとうございます!
ホテイアオイいっぱい咲いてるんですね。羨ましい…(;´Д`)
歩いて他の池に勝手に移動して増殖してたら怖いので歩くのはやめてもらいたいものですが(^^;
うちの環境で浅いスチロール箱に入れていたらダメだったのが、鉢に移したら咲いたなーと思っていましたが、やはり水深が浅いとホテイ的にはイヤなんでしょうか。水深程度ですけどいろいろ実験できれば面白そうですね。
そうですひでぇさんのアドバイスで捨てました!(;´Д`)でも腐るのは自分もネットで見ました~。腐るとメダカが可哀想ですもんね。
越冬成功させてみたいです。来年買わなくていいし(せこい)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © びおグラ! All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。