スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メダカとアブラムシ

090601_p006.jpg
実生アボカドの葉にアブラムシが発生しました。
メダカに与えたところ大喜びしてくれたようですが、アブラムシってどこから来るのか疑問に思ったので調べてみました。

自分用φ(`д´)メモメモ...
●害として、葉を巻く(アブラムシが樹液を吸うことによりホルモンを分泌して葉が奇形に)虫えい(ムシコブ)を作る(若葉から吸引するときにホルモンを分泌して、アブラムシが隠れるのに都合のよいムシコブを形成)、ウイルス病の媒介など。
●アブラムシは春から秋にかけての単為生殖。
●増殖は「ねずみ算」を上回る指数曲線的な増殖。
●過密状態になったり栄養状態が悪くなると羽を持ったメスが生み出され、そのメスが親になると奇主を変えてそこでまた無性生殖を繰り返す。
気温が低くなってくるとオスが生まれ、そこではじめて有性生殖をし、卵を産み卵の状態で冬をむかえる。
●対策
1)単性生殖(胎生、クローン)で増えるため、薬剤耐性がつきやすく、薬剤はローテーションを組んで変えていく。
2)耐虫性品種を導入。作物の窒素分が多いと発生しやすいので、堆肥、きゅう肥を施用して植物の生育をよくする。周辺の不用な寄生植物を除去する。
3)天敵としてテントウムシ類、ヒラタアブ、クサカゲロウなとの捕食昆虫や寄生蜂がいるので保護し利活用する。
4)有翅型アブラムシは黄色のものに誘引されるので、黄色水盤を設置して発生を予測する


参考>>アブラムシ対策
>>アブラムシ、アリマキ

天敵の飛来は期待できないし、メダカもいる狭いベランダなので薬剤はあまり使えない状況です。
なぜか今のところアボカドにしかいないのでテデトール+メダカにプレゼントでいいかなと思っています。

検索するとメダカにアブラムシを与えるとよく産卵したとの話も見かけたのでもしかして滋養満点なのかも…!
アブラムシどんとこーい!全部メダカに食わせてやるぞ(´∀`)

090607_m002.jpg

スポンサーサイト

コメント

 
おはようございます(^-^)
確かに、アブラムシってどこから来るのか不思議ですよね。
気がつくとうじゃうじゃyと・・・Σ(´Д`;;;ノ)ノ
こないだまでパンジー、ビオラの茎にうじゃうじゃしてました。。
メダカがよく食べるんですね!!
これはアブラムシバッチコイですね(*^m^*)

・・・うちもメダカ飼いたくなって来ました(笑)
ど~も、s-nobです。
アブラムシは本当に頭の痛い問題ですよね。
うちも苦労させられていますよ。
ちなみに薬剤とは別に天然由来の成分で窒息死させるようなものも出ているようです。
野菜苗などに発生した時にウチでは使ったりしています。
でもメダカにどう影響するかはわかりませんが(^o^;
一軒家の庭とかだったらテントウムシとかお連れすれば一番いいんでしょうね(´Д`)
メダカのくいっぷりは見ていて楽しいんですが、結局テデトールと変わりないので手間がかかります(^^;
天然由来ならメダカも大丈夫…かどうか怖いので使えませんね(^^;
そういえば一度薬剤をかけた植物に虫がついてるのもなんとなく心配で与えられないかも…
牛乳とか結局あとで水かけたりしないと匂うとか聞いたのでまだ試していません。
実はアブラムシが復活しないので試せないっていうか…(´・ω・`)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © びおグラ! All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。