スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末のご挨拶

花のつぼみだけがポロリと落ちたのでなんとなくお皿に浮かせておいたら、ちゃんと花が開きました。

081223_b001.jpg

なんか捨てなくてよかったなーというか植物の生命力を感じるというか…


ビオを始めてからなにげない雑草とか、道を歩いていても気になるようになりました。
石や流木も気になりだし、おっこの石はレイアウトに使える!とか…あっこれはアクアを始めてからですね((´ρ`))
老後は絶対盆栽やろうと思ってます。

来年の目標を考えてみました。

1) 睡蓮を咲かせる(^^;
2) メダカ繁殖
3) クロメダカ以外のメダカを飼育したい
4) ミナミヌマエビ導入
5) アヌビアスナナを水上で育成、観葉植物っぽく育ててみたい

レベル低っ!

睡蓮鉢がただの浮き草育成所になっていた今年…来年こそは花を見てみたいものです。
あとメダカはなんとか繁殖させたいものです。
春が待ち遠しい。


こんなエセビオブログをうっかり踏んでしまったりうっかりコメントを残してくださった皆様、お世話になりありがとうございました。
081223_b00200.jpg

そういえば目標の一つに
6) 実家の犬をハゲをつくらないようにトリミングをする

というのも付け加えておかねば…(;´Д`)

それではよいお年を!

※スパムコメントがあまりにも絶えないので画像認証パスワードを導入しました。
コメントしてくださる方にはご不便をおかけします…スミマセンヽ(`Д´)ノ
スポンサーサイト

室内ラムズ育成

ラムズは水槽内に死ぬほどいるんですが、水換えの時やフィルター内で育っていたりして、掃除の時にバケツからポロリと落ちたりする奴がいます。
ツブツブした1mm前後の稚貝はこのまま流してしまったり多分しています。
ただある程度育ってしまい5mmサイズとかだとなんとなく捨てづらいものがあります。
水槽に戻したりしてましたが、ボトルとかの要領で育てられないかな?と思ったので冬期室内無加温飼育に挑戦してみることにしました。

…っていうとオーバーですが、いらない空き容器に水道水を入れて浮き草とラムズを入れるだけ!(^^;

081211_b001.jpg

糞を時々スポイトで吸い出し、水道水をそのまま足しています。
今のところ脱走者が1匹床で真っ白でカラッカラに乾燥して転がっていた以外は生きているようです。
あまりにも餌なしで不憫になったので、オトシンの食い残した昆布を入れてみたら皆で食いついていました。
もう多分3週間は維持してると思います。

こんな悪環境で…
ラムズ強ええ!!

ビオでもラムズは越冬できるようなので、室内だったら水量が少なかったり水温が低い環境でも余裕なんでしょうか。

とりあえずこのまま維持できるか実験してみたいと思います。
貝体実験であり、ラムズの人権…いや貝権違反?
ラムズ貝権保護団体の方、訴えないでください(;´Д`)

ほうれん草と落とし物

先日ほうれん草を収穫しました。
収穫前の写真↓
081211_b004.jpg

オトシンに与えてみたら1匹を除き不評なようだったので、しかたなく自分で食べました。
初めて栽培したほうれん草は、ほんのり甘みがあって美味しかったです。
茹でたら一口分にしかならなかったので、「まったりとしてそれでいてしつこくない!」などと詳しい感想を述べる事ができません。
次回は自分用にもっと大きなプランターでやってみたいような。


↓以下グロ画像あり、お食事中などの方は閲覧禁止です!(;´Д`)

more»

バードケーキ

昨年もベランダにバードケーキを置いて野鳥が食べにきていたので、今年も作ることにしました。

自分用メモとしてこちらより引用させていただきます。

材料・・・小麦粉100g、砂糖20g、ラード50g

作り方 
材料をよくこねて、手でまとめます。
始めはポロポロとしますが、練っているうちにまとまってきます。
プリンくらいの大きさにして出来上がり。
応用として、ラードの半分の量を砂糖入りのピーナツバターに変えると、もっと喜ぶようです。



去年も確か分量が明記されていたのがわかりやすくてこちらのレシピで作ったと思います。
ピーナツバターは今度買ってこねば。

ベランダに置くといっても場所もないので直置きしています。
081210_b001.jpg

翌日見ると周りに食いカスが散らばりなくなってました。
やったー!食いにきたー!


…ん?睡蓮鉢の中が妙に白く濁ってるような…

食い散らかしたあげく残りを睡蓮鉢の中に蹴落としていきやがった!('A`)


その後1週間1日置きくらいに置いていますが

●睡蓮鉢にヒットしなくてもベランダの中に落としてしまうことも
●ベランダに落っことしたら食べないらしい
●ベランダから外を見たら敷地内に白いものが落ちている…気のせい気のせい
 管理人さんが気づく前に雨で分解されますよーに
●食い散らかしたカスも残っているので、食べてるうちに突っついて落とすっぽい


以上のことが推測されます。
睡蓮鉢は生体入ってないやつなので良かった~。
今度水全取っ替えだな…(´Д⊂

今朝はさらにベランダに知らないパンが落ちてたんですけど…
(フランスパン輪切り頭の部分)

どっから持ってきたんだ!Σヽ(°Д°;)ノ

落とし物としてバードケーキと一緒に置いてきたので持ち帰ってもらいたいです。


ホテイINゼリーの観察

ホテイINゼリーのその後。

しおれとるやないかーい!Σ(°д°lll)
081130_B004.jpg


土みたいな感覚ではダメなんですね…

慌てて水をタプタプに入れて2、3日後の画像がこちら。
081204_B001.jpg

少し持ち直したようです。
完全復活なるか?それとも枯れていくのか。
外の睡蓮鉢のホテイたちの方が元気なんですけど。
外のはもっと寒くなったら枯れるんでしょうか。
越冬したりして…いやそれはないか。


こちらは余ったジェルに、水槽内で水槽からはみ出して勝手に水上葉化していたのをぷすっと刺してみたもの。

081204_B002.jpg

栄養不足かな~?
うちには液状肥料はグリーンブライティしかないぞ。
そんなもの添加して育つものなのでしょうか。
実験してみます。

…って素直にソイルでやれよ!という気もしまくりますが…(;´Д`)




12月のビオ

寒い中シュロガヤツリを購入し、枯れていかないかなーとちょっと心配していましたが今のところとても元気なようです。

081130_B001.jpg

こんな写真しか撮れないのは背が高すぎて鉢を入れた全体像がカメラに収まらないからです(´・ω・`)
全体像の撮影はお隣のベランダとの仕切りを破壊して侵入しないと無理!

081130_B002.jpg

シュロガヤツリ(Cyperus alternifolius L.)
マダガスカル原産。
単子葉植物カヤツリグサ科カヤツリグサ属の植物である。
多年生草本で、背丈が1m程度、時にそれを越える大型の植物である。
水辺や湿地に生える多年草で、7~10月頃に頂上付近に穂を付ける。
冬場は一度枯れたようになるが、寒さに強く屋外で越冬する。
暖地では常緑となることもある。



>背丈が1m程度、時にそれを越える大型の植物である。

ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

まぁこんな鉢でそんなに大きくならないだろ…jk

かなり育成は容易な種のようです。
寒さに強いとは頼もしいです。
お隣のナガバオモダカはもうすっかり枯れちゃっていますが、シュロガヤツリの説明みたいに春になったら復活するよね…?(^^;


枯れ葉もちゃんと沈みました。
メダカの隠れ家として機能してるといいな。
081130_B003.jpg

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © びおグラ! All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。